幼稚園や保育園の先生へのプレゼントで絶対にハズさないもの。

  2015.09.11

家庭, 幼稚園・保育園

幼稚園や保育園の先生へのプレゼントで絶対にハズさないものとは?

園の先生に感謝を伝えよう!

幼稚園や保育園の先生と園児の保護者とは信頼関係でつながります。先生の言葉に助けられることもあると思います。自分の知らない子どもの成長を教えてくれたりすると、うれしくなりますよね。

先生が頑張っているんだから、親としても頑張らなくちゃと思ったりもします。

先生がよくやってくれているなぁと思ったら、そのときはちゃんと感謝を伝えることが大事なんじゃないかと思うんです。なぜなら、理由は単純で先生が喜ぶから。

先生も感謝されると喜ぶ

私は幼稚園教諭の仕事をしていましたが、本当に疲れる仕事でした。仕事の量が多く、ストレスも多い仕事です。そんな中、保護者からいただいた感謝の言葉は大きな支えでした。励ましでした。明日へのエネルギーとなっていました。

先生も人間だから喜ばせられるときぐらい、喜ばせてあげてくださいね。それがまた先生と保護者との信頼関係を強いものとしていくんだと思います。

感謝の気持ちをプレゼントで表すなら

そんなわけで、幼稚園や保育園の先生に何かお礼をしたり、プレゼントしたりするケースもあるのではないでしょうか。

もちろん、心がこもっていれば、どんなものだってそれは素敵なプレゼント。私がとやかく言うものでもないので、ちょっとおせっかいだというのは承知の上ですが、私が幼稚園で働いていたときを思い出しながら、どんなものをもらえるとうれしかったかを書いてみたいと思います。

何を贈ったらいいのか迷う人もいると思うんですよね。私なんか、母の日のプレゼントですら、けっこう時間がかかってしまうぐらいです。そんな迷える人の参考になればと思います。

それに、どうせプレゼントするなら、先生が素直に喜ぶものがいいじゃないですか。

渡したときは間違いなく、喜ぶと思うんですよね。先生ってそういうの上手だから。でも、後になってまで喜ぶかは、何をもらったかによるわけじゃないですか。だから、喜ぶものを贈りたい。でも、何が喜ぶかわからない。そのときの参考にしてもらえればうれしいです。

エプロンはありがたいけど

さて、幼稚園の先生をしていた経験を言うと、保護者からもらってうれしかったものはいくつかあるんですが、例えばエプロンをもらいました。幼稚園の先生にとっては、エプロンはもうユニフォームのようなものなんですね。しかも、毎日子どもと一緒になって遊んだりするわけで、掃除もする、後片付けもする、かなり汚れるものなんです。

エプロンを贈ってくれるって、さすがわかってるなぁという感じなんですよね。だからエプロンはおすすめではあります。先生にとってはいくらあっても困らないものだから。

ただ、エプロンと聞いてプレゼントの悩みが解決するかは微妙だと思います。エプロンを買えばいいんだってわかっても、それで終わりでいいの?って。

私が誰かに相談して、「エプロンにすれば」と言われて、「わかった!ありがとう!」とは言えません。

エプロンって難しいでしょ。一種の服ですから。

先生の好みがわからないし。そもそも先生の好みで選ぶものかとも思うんですよね。だって幼稚園の園児達の前に立つ先生のエプロンです。それは、小さめの花柄の素敵なのよりも、子どもが喜ぶようなキャラクターがでっかく入ったのがいいんじゃないか…。

ところが、「よし!子ども達が好きなキャラクターのにしよう!うちの子はアンパンマンが好きだし、同じ年齢の子しかいないんだし、アンパンマンのエプロンで決まり!買いに行くぞぉ!」となるかは、またまた微妙です。

もっと考えてしまうんですよね。

子どもの前で使うものをプレゼントするってどうなんだろう。しかもうちの子が好きなキャラクターもの。なんかまわりまわってうちの子を喜ばせたいだけみたいじゃん。

なんか、先生キャラクター薄いから、これぐらいインパクトあるやつ着た方がいいよ!って言ってるみたいじゃん。私は何様!?こんなことを考えてしまうんですね。

これで終わりませんよ。

先生にエプロンを贈ったら、先生はもしかしたら気に入らないかもしれませんよね。でも、園児の親からもらったから着ないわけにもいかない。そこそこの頻度で着ないといけない。保育参観日にはベストファッションで行きたいのに、もらったエプロンを着なきゃいけない。そんなプレッシャーを先生に与えてしまうかもしれません。

これではせっかくの贈り物が負担となってしまいます。

さらにこっちだって、保育参観に自分があげたエプロンが使われていなかったらと思うと、怖くてなかなか家を出る勇気が出ません。ここまで考えるのは異常ですけどね。エプロンは選択肢としてどうなのかなと思ってしまうんですね。プレゼントとして難しいのではないでしょうか。

一番うれしいもの!

もう一度よ~く思い出してみました。園児の保護者からいただいたプレゼントで最もうれしかったものは…

思い出しました!

甘いものでした。

これが一番うれしかったのでした。冗談でも何でもなく、本当にうれしかったんです。たぶんですけど、他の幼稚園の先生もうれしいんじゃないかと思います。

とにかく幼稚園の先生って、ハードワークなんです。それに朝早くから働いていて、お昼になると、お腹がグーグーなるわけです。(私だけじゃないことを祈りますが。)

それで、お昼のお弁当もゆっくり味わう時間なんてなく、すぐに食べなきゃいけません。クラスの子が調子悪かったりすると、その対応で食べられないときだってあります。

だから、幼稚園の先生は間違いなくお腹がすいています。

そして、午後は午後で園児達を見送った後も、いろんな仕事がある。忙しいけどお腹がすいている。そして疲れている。そこにあって欲しいもの。それは1つしかありませんね。

甘いものです!

幼稚園の先生に何かをあげたいなと思ったら、甘いものをあげれば間違いありません。もしも甘いものが苦手だったとしても、まわりにたくさんの女性の先生もいます。まず残ってしまうことは絶対にありませんから安心してください。私もハイエナのように食べていましたから大丈夫です。個人的には和菓子でも洋菓子でも大丈夫。ケーキあたりが最高ですね、私の個人的な意見ですけど。

幼稚園の先生へのプレゼントは「甘いもの」で決まりですね!

例えばですけど。これとか。



まとめ

何かを贈らなくても、たまに感謝の言葉をもらったりすると、すごくうれしいものです。先生じゃなくても人間ならみんなそうだと思います。ですから、先生に感謝できるタイミングがあったら、ぜひチャンスを逃さずに心からの感謝を贈るべきだと思います。

関連記事:
幼稚園の先生がうれしくなる、とっておきの言葉。

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加