産婦人科の病院ならどこに使う?壁面装飾の使い道。

  2015.09.16

いろんな活用

産婦人科の病院ならどこに使う?壁面装飾の使い道。

壁面装飾って?

壁面装飾とは、かわいい動物などを色画用紙で作って壁に貼る物です。子どもが大好きなもの。だから、幼稚園や保育園の保育室などの壁に飾られることが普通です。そういえば、見たことあると思った方もいると思います。

たしかに、子どもが喜ぶのは間違いないんです。でも、子どもだけじゃないんですね。大人だって楽しめます。私はもっと壁面装飾の活躍の場が広まればいいなと思っています。それで、こんなところにあったらいいのになって、いつも考えてます。

そんなこと考えているのは私ぐらいな物です。これ病気ですかね。

産婦人科に壁面装飾

今回はピンポイントで考えてみました。産婦人科です。私も出産でお世話になった産婦人科のお医者さん。子どもが生まれるところだし、壁面装飾があっても全然違和感ないでしょ?

まぁ、赤ちゃんは小さすぎて目も見えているのかどうかよくわからないし、楽しめないと思います。でも、お母さんには楽しめますね。

癒されるんじゃないかと思いますよ。

赤ちゃんが生まれたら、家の中はおもちゃがたくさん広がって、子どもの好きな物に囲まれる生活になるんですからね。そんな近い将来を考えるきっかけにもなるかもしれません。

出産は怖いんですよね。楽しみだけど怖い。

恐怖の中でそのときを待つんですよね。しかも、最終的にはものすごい痛みと戦いながら。そこまで行くともう楽しむ余裕なんてないですけど、その前とか、生まれた後とかは壁面装飾に心が和むと思います。

幼い兄弟がお見舞いに来る

もう一つ。兄弟がいる場合。産婦人科で出産するお母さんははじめてじゃない場合も多いですよね。そして、その子はそんなに歳の離れていないことが多い。

出産後にお母さんのところに来るお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるはず。その子は、きっと幼稚園行っているか、まだ行っていないかぐらいです。2歳とか、3歳ぐらいが普通でしょ。そしたら、もうぴったりですよね。壁面装飾にぴったりなお年頃ですよ。

別に産婦人科だからと言って、赤ちゃんの装飾を貼らなくても、動物とかでかわいいのなら行けますよね。だから、壁面装飾は産婦人科の部屋とか、廊下とか、待合室とか、ロビーとか、どこでもいいからあった方がいいと思います。

絶対いいと思います。

産婦人科で最も使えるところ

さて、ここからが本題です。

私が今回、ここぞと思うところは、もっとマニアックな場所なんです。産婦人科で使うこと、これは同じ。でも、壁じゃない。

産婦人科に入院している期間って一週間ぐらいはあると思うんですよね。その間のことを思い出したんです。そしたら壁面装飾が使えそうな場所がありました。

食事のときの名札。

入院中は一日三食、病院の食事をいただくわけですが、あれって、病院食とは全然違うんですよね。病院のご飯なんか低カロリーの超ヘルシー路線で、味の薄い物ばかりなんだろうと思ってたんですが、印象が全く違った。

とてもおいしいし、色々考えられていたんです。

最初はケーキが出てきて出産おめでとうみたいな感じ。その後もちょっと凝っているなと思う部分とかがあって、食事が楽しみになるぐらい。

そして、壁面装飾がお世話になれるんじゃないかと思うのもこの食事の時。結構楽しみにしているママが多いと思われる食事の時間。

ここで壁面装飾を登場させたらどうでしょう。ただ出すんじゃないですよ。どこかと言うと、名前のプレートみたいなところ。

一週間の入院中に毎回出てくる名前のプレートがあるんですね。たぶん、アレルギーの人とか食事を変えるから?あとは食べ残しをチェックするから?

そんな理由かと思うんですが、お盆の上にご飯とか味噌汁とかおかずがあって、もちろんデザートあって、それと一緒に名前のプレートがあるんですね。これが毎食あったんです。このプレートの代わりにどうですか!?壁面装飾にお任せあれですよ。

名前のプレートを壁面装飾で

壁面装飾は紙でできているから、名前を書くことには最適です。問題は紙なので濡れてしまうということ。そこもちゃんと考えています。ラミネート加工というのがありますのでご心配なく。ビニールのような素材でピチピチに包み込むので濡れても大丈夫。水洗いもOKです。

退院のときはそのまま、お母さんにあげちゃってもいいですよね。出産って一生のうちに何度もあるもんじゃないから何かと記念になる物を残したいと思うもの。

産婦人科の病院で取り入れてくれることを期待しています。使い所は、壁でももちろんいいけど、一番のおすすめは、入院中のお母さんの食事のときのお盆に乗っている名前のプレートとして。どうでしょうか?

無料サンプル配布中

赤ちゃんのベッドにも

もう一つ、今思いついたので書いてしまうと、赤ちゃんが寝ているベッドに、名前がくくりつけられていたりしますよね。誰の赤ちゃんかがわかるように。あそこもいけるじゃないですか、壁面装飾!

誰の赤ちゃんなのか、名前を書いて、何グラムか書いてあるやつ。繰り返しますが、壁面装飾は紙でできているから、字を書くには最適なんですよ。ここにも使ってください。で、記念に持って帰ってもらう。

産婦人科はさすがに子どもの誕生の場所だけあって、使い道がたくさんありそうです。

産婦人科の先生、ぜひ使ってみてくださいね。

病院内で作ってももちろんいいんですが、お忙しいとも思いますので、こちらで壁面装飾を販売しています。よかったら使ってください。お願いします。

kobitoのショップ
http://shop.kobito-hekimen.com

広告

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加