保育雑誌を卒業。ワンランク上のデザインを考える壁面装飾。

  2015.06.08

幼稚園・保育園

保育雑誌を卒業。ワンランク上のデザインを考える壁面装飾のために。

壁面装飾の無力さを感じたことありませんか?

動物をかわいく装飾した壁面って楽しくて良いものですよね。子どもたちも大好きなんですよね。先生方が一生懸命作る壁面ですが、こんなこと思ったことないですか?

この壁面はどれだけ子どもたちに真剣に見られているのだろうか。忙しい中作ってるけど、本当に作る意味があるのだろうか。こんな壁面装飾の無力さを感じたことはないでしょうか。

思ったことがある先生には大きな危険が潜んでいる可能性があります。注意が必要です。

時間を割いているから悩む

本当にこれほどの時間を使って作業するほどの価値があるのだろうかと思われるかもしれません。でも、勘違いしないでください。私はそんなことを嘆く先生は偉いと思っているんです。まさに先生の鏡です。

なぜなら、それほどまでに子どもたちのために、時間を割いて壁面を装飾しているのですから。子どもたちに愛情を持って接していない先生とは大違いです。

でも現状に満足していないことも事実ですよね。

壁面装飾はなくたっていい?

幼稚園や保育園の先生は若い先生も多いわけですから、時間はいくらあっても足りないはずです。自由な時間がもっとあればあれもしたいし、これもしたい。プライベートでもたくさんやりたいことがある。ところが時間が拘束されている現状では、思うようにいかない。その気持ち、すごく良くわかります。

本当は壁面なんか作らなくてもいい。本当は作りたくない。なくたって子どもたちは何も困らないでしょ!?それが本音。でも、幼稚園や保育園の先生は、自分一人じゃない。他の先生がやっているのに自分だけやらないわけにもいきません。園長もチェックするならなおさらですね。

そんな考え方も私は支持します。正しい考え方だなと思うんです。おそらく、そんな先生は、すでにキレイな壁面装飾を作ることは簡単なこと。壁面装飾の作業には刺激がないと思っているはずです。そして、装飾の仕上がりにもきちんと質を求めていて、手を抜いていることもないと思うんです。だからこそ、私はそんな先生を救ってあげたいなぁと思うのです。

時間に悩んでいる

考え方は正しい先生。でも、私ははじめに危険が潜んでいると書きました。注意する必要があると書きました。どういうことなのかというと、この場合、先生にとっての一番の悩みは時間です。子どもに対して文句があるわけでもない。むしろ、子どもとって役に立つことなら、出来るだけしてあげたいと思える良い先生なんですよ。

ところが、壁面装飾に費やしている時間と、その効果が釣り合っていないことに悩んでいるのです。

忙し過ぎることの問題は大きい

一言で言えば、先生は忙しすぎるのです。これが一番の問題です。実は忙しいことで良いことは何もありません。幼稚園や保育園では特にそうなんです。忙しい先生はイライラするでしょう。不満を抱えながらの保育では子どもたちの要求にしっかりと応えることもできず、子どもたちの発見や困ったことにも気づいてあげることができないでしょう。

睡眠時間が十分に取れなければミスもするでしょう。私が子どもの保護者なら心配で預けられなくなってしまいます。そうなれば、幼稚園の評判も落ちてしまいます。先生のモチベーションも下がるので、退職する先生も増えるでしょうね。

忙しいことで起こる弊害はもっともっとたくさんあります。その弊害は幼稚園や保育園の先生だけでなく、子ども達、保護者、幼稚園全体にまで及んでいくのです。

ワンランク上の壁面装飾を作る

実際、壁面装飾を嫌っている、面倒だと思う先生は多いのです。ほとんどは、作業にかかる時間とそれによる効果のバランスの不釣合いに納得していないことが理由です。時間がかかるだけで、意味がない。なくてもいいもの。でもみんながやるからやる。これでは好きにはなれないのは当然ですよね。

でも、弊害のことを気にするなら、これをどうにかしなきゃいけないでしょう。

そこで私からのご提案があります。ワンランク上の壁面装飾を作ることです。ワンランク上とはどういうことでしょうか。私は壁面装飾について常々考えてるわけですが、多くの幼稚園や保育園で作られている壁面装飾には似通ったものが多いと思っています。

なぜ、異なる幼稚園や保育園でも同じようなものが作られるのか、その答えは、参考にしているものが同じことが理由なんですね。プリプリ、ピコロといった保育雑誌をご存知の方も多いと思います。その保育雑誌には型紙が付いていますよね。先生たちはその型紙を利用して壁面装飾の動物を作っています。

完全にオリジナルのものなんか作っていないはずです。

保育雑誌から卒業

私の提案は保育雑誌から卒業しませんかということなんです。すべてオリジナルで考えるなんてことではありませんよ。それだったらもっと時間もかかるし、もっと壁面装飾が面倒で嫌いなものになってしまいます。保育雑誌はあくまで参考書として利用するのです。この通りにやりなさいというようなマニュアルではありません。

壁面装飾の効果を考えるとき、大事なのは、その壁を通して何を伝えたいかなんですね。先生の思いが入っているべきだと思うんです。それを表現するには、個々の動物などでは難しく、それぞれの配置、全体のレイアウト、そしてストーリーが重要になります。

保育雑誌に載っているものはたしかにきれいに飾られているのですが、もっと自分が担任をしているクラスに合ったものが作れるはずだと思っています。幼稚園や保育園の先生は保育のプロです。子を持つ親として、先生が子どもと接しているところを見ると、やはり感心することが多々あるのは事実です。

保育のプロ、つまり、工作のプロではないってことなんですよね。

壁面装飾で力を発揮するところ

壁面装飾と一言で言っても、いくつかの工程があって作られると思います。色画用紙を切ったり、貼ったりして個々の動物を作る工程、壁面に飾る工程など。でも、保育のプロとして、壁面装飾において力を発揮するなら、どの工程に力を入れるべきでしょうか。

正解はどの工程でもないのです。作る前の段階に力を発揮するべきだからです。

壁面をどのように装飾すれば、子ども達にとって有意義な壁面になるのか、そこを考えられるのは先生しかいないんです。先生はそのクラスのリーダーでもあります。リーダーはクラスをまとめて、引っ張って行く存在です。どの方向に子ども達を引っ張りますか。どんな子ども達にしたいですか。それを考えながら壁面をデザインする。これが保育のプロである先生の本来の仕事ではないかと思っています。

そう考えると、実は面倒で時間のかかる作業となりやすい、切ったり貼ったりの工程は先生がやるべきではないのではないでしょうか。先生の本来の仕事が何であるかを考えれば、先生がやらなくても良いし、それによって本来の仕事の時間が短くなっているのではないでしょうか。

これは問題です。私はこれをどうにかできないかと思っているのです。

お手伝いできます!

そこで、私は始めました。壁面装飾の作るところをお手伝いできないかと思っています。切ったり貼ったりの工程ならお手伝いができるからです。でも現状では、幼稚園全体の壁面装飾を製作できるほどの力がありません。ですから、個人で壁面をデザインすることが可能な先生にぜひ買って使っていただきたいのです。

その素材を元に先生がデザインを考えて、貼り付けるだけで、壁面は出来上がります。そして出来上がった壁面は、保育雑誌に頼り切っていた壁面装飾よりも、自分のクラスに合ったものとなるはずです。

壁面のデザインを考えることに力を入れると、以前にも増して、子ども達の反応が気になるものです。反応を見て、反省して、次の壁面をもっとよくすることができます。そうなると、壁面装飾への関わり方が変わるだけでなく、積極的な保育へと変わっていくのではないでしょうか。

幼稚園や保育園では、ほとんどの事を先生たちがやっているのです。他の企業ではアウトソーシングと言って、別の会社にお願いすることは当たり前となっています。

なぜアウトソーシングするのかと言うと、社員が本来やるべき、そして重要な業務に集中できるようにするためなんです。幼稚園や保育園でもその考え方を少しずつ取り入れていくべきではないかと思っています。そのきっかけとして、私達は壁面装飾にかかる時間を引き受け、先生に考える時間と自由なプライベートな時間も提供したいと考えています。

忙し過ぎることは多くの弊害があります。子どもを預かっている幼稚園や保育園では何かあってからでは遅いでしょう。これまで何もなかったからといって、明日何も起こらないとは限らないのです。ここで決断し動くことが大切です。これまでの保育雑誌に頼る壁面装飾を卒業し、新たな一歩を踏み出してください。

数には限りがあるのですが、作った壁面装飾があります。これを素材にどんな壁面が作れるか想像を膨らませてみてください。下記のリンクが壁面装飾のショップのページです。

kobitoのショップ

無料サンプルも配布しています。

無料サンプル配布ページ

壁面装飾について、一度、真剣に考えてみませんか?

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加