キャラ弁を禁止するのは簡単だけど、つまらないと思う。

  2015.06.11

家庭, 幼稚園・保育園

キャラ弁を禁止するのは簡単だけど、つまらないと思う。

政府がキャラ弁を推奨?

政府がキャラ弁を推奨するようなツイートをしたことで、様々な反響があったんですよね。最近ニュースにもなったので、知っている方も多いと思います。いろんな意見が出たんですが、どんな意見が出たかと言うと、予想通り、批判的なものです。

キャラ弁とは、幼稚園などに通う子どものお弁当に見られるものです。食材を使って、アニメのキャラクターなどを綺麗に描くんですよね。ブログなんかを見ると、キャラ弁を毎日ブログに掲載しているお母さんもかなりいるんですね。

お弁当のフタを開けた時、子どもはうれしいと思います。好きなキャラクターのお弁当になっているんですから。それは、お母さんが応援しているというメッセージでもある。お母さんの愛情の伝わる瞬間じゃないかと思うんですよ。だから、そのキャラ弁自体は決して批判されるものでもないんですよね。問題は政府が取り上げたってこと。しかも推奨するような形で。

中には忙しいお母さんもいて、子どものお弁当に時間かけている余裕なんかないご家庭もたくさんあるわけです。ところが、キャラ弁があたりまえになってしまうと、時間を犠牲にしてでもお弁当作りに力を入れなければいけない。それにも限界があります。だから、クラスの子のお弁当には差が生まれてしまう。それが、イジメにつながるとか、お母さん同士の競争を煽る結果になるので、キャラ弁を禁止する幼稚園もあるそうです。

この話、どう思いますか?

どっちがどっちをイジメる?

イジメにつながるというのは、差があればどこでもイザコザが生まれる幼稚園社会ですからあるのはわかります。ところで、どっちがどっちをいじめるんでしょう。キャラ弁を持って来た子が普通のお弁当の子をいじめるのか。それとも、キャラ弁を持って来て調子に乗っている子が、普通のお弁当の子の軍団にいじめられるのか。おそらく、前者でしょうね。

でも、後者の場合もあると思うんです。幼稚園社会であれば。

つまり、何が言いたいかと言うと、イジメなんてものはすぐに生まれるものだってことです。少なくとも幼稚園で言えば、イジメとか仲間はずれが起きることに大人達が臆病になりすぎる必要はないと思うんです。

キャラ弁禁止の考え方

キャラ弁がイジメにつながると思うと、どうするか。キャラ弁を禁止する。この考え方、私はあまり好きではありません。

キャラ弁はお母さんの愛情表現の一つだったのに。それに、子育てに忙しくてなかなか趣味なんて持てないお母さんも多いと思うんですよ。そんな中、キャラ弁を一つの趣味として、楽しんでいるのかもしれませんよね。そうじゃなきゃ、ブログに載せようとは思わないでしょう。

何か打ち込めることがあるってことは、生きる張り合いになりますよね。それで、子どもがうれしいし、子どもがうれしいってことが、お母さんにとっても、やっぱりうれしいことなんですね。だから、子どもが仲間はずれにされるとか、それもあっていいんですけど、その子の背景も考えて欲しいと思います。

全員が同じお弁当ならいいの?

忙しくてキャラ弁を作れないお母さんってどんなお母さんでしょうか。きっと、仕事もしていて、朝早くから仕事だから、忙しいんじゃないでしょうか。それでお弁当を作るのは確かに大変なことですよね。

逆にキャラ弁を作るお母さんは、仕事をしていないかもしれませんよね。だから、時間に余裕があってキャラ弁を作れる。

でも、仕事はない。

社会とのつながりが多いのはキャラ弁を作れないお母さん。キャラ弁を作れるのは社会とのつながりが弱いお母さん。

仕事するって大変だと思います。ストレスもあるだろうし、体もクタクタです。でも、達成感があるかもしれません。仕事していない人は、日々の中に達成感はあまりないでしょう。

子どもとずっと一緒にいるって、相当つらいですよ。

ノイローゼになる人だっているでしょ。政府が女性の社会進出を促している背景もあってか、なんか、仕事しているお母さんの方が偉いみたいに見えますけど、そんなことないですよ!

どっちも、大変。

だから、お母さんもいろいろです。そのお母さんたちが作るお弁当もいろいろです。いろいろでいいじゃないですか。

そういったことも考えると、簡単にキャラ弁を否定すればいいとは思えないんですよね。キャラ弁を禁止したら、全員が同じお弁当になった、めでたし、めでたし、でしょうか?

こうやって平等を大切にするんですけど、それぞれ尖っているところは人ぞれぞれですから、全部を含めて考えないといけないと思います。全部考えるとだいたい平等なはずだと思うんです。キャラ弁を一つだけ取り上げて、平等を達成したような感覚には疑問が残るんですよね。

キャラ弁は文化だから大事に

ところで、私はキャラ弁を作りません。キャラ弁を作らない理由は、なんか衛生的じゃない気がするから。チーズとか、ノリとかで細かくデザインするわけですよね。なんか衛生的じゃないなと思ってしまって作っていません。と言うか、私にはセンスがないので作れないっていうのが本当の理由です。

きれいなお弁当見るのは好きなので、いろんなお母さんのブログは見せてもらっています。キャラ弁は一つの文化ですからね。もっと大事に扱って欲しいですよね。

私としてはお弁当は全部食べてくれるのが一番だと思っています。キャラ弁に対して、栄養面が問題とかいう人もいるんですけど、そんなことどうでもいいんですよ。子どもが喜んで、おいしいなって全部食べてくれればそれでいいんですよ。

栄養面とか、つまらないことに制限されずに、楽しめるだけ楽しんだ方がいいと思います。楽しめるところで楽しまなきゃ、主婦なんてやってられませんからね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加