頭皮マッサージ中に、子どもが遊びたいと言う時のでしゃばり。

  2015.07.26

でしゃばり大冒険

頭皮マッサージ中に、子どもが遊びたいと言う時のでしゃばり。

ひまりちゃんのお父さんが疲れてるみたい。

今日はめずらしく仕事が早く終わって帰ってきたひまりちゃんのお父さん。ひまりちゃんもお父さんが大好きなので、とってもうれしそう。お父さん、さっそくテレビを見ながら何かを手に取ったわね。それ、何をするものかしら。

頭皮マッサージの壁面装飾

これが気持ちいいんだ

細い針金で頭をマッサージする健康器具だったのね。お仕事で疲れているお父さん。これでストレスも解消できるわね。でも、ひまりちゃんは、怒っているみたい。

だから、お父さん疲れてるの!

そっか、たまに早く帰って来た日ぐらいひまりちゃんと遊んで欲しいんだね。お仕事のことなんて知らないもんね。お父さんはいつだって、ひまりちゃんと遊んでくれるものだと思ってるんだね。

でも、疲れてるみたいだよ。ちょっと、しつこすぎるかも。少しだけ待ってあげれば?休んだら、きっと遊んでくれると思うよ。

わがまま言わないの

あれ、横で見ていたお母さんも加わっちゃったよ。ひまりちゃんはただ遊びたいだけなのにタイミングが悪かったようです。それでも、まだ、遊びたがって、しまいには泣きそう。ちょっと待って。お父さんはテレビを見ているんだよ。細い針金で頭をマッサージしながらテレビを見ているのよ。そこでひまりちゃんが大きな声で泣いちゃったら。お父さんが怒っちゃう。お母さんも今日ばかりはお父さんの味方みたいだし、泣いちゃダメだよ。

すでに目に涙をためて、ヒックヒックと言い出しました。これは、この後に大きな声で泣きますよというサインです。リビングに大きな泣き声が響こうかとしたその時です。

僕が来たからにはもう大丈夫

そこに現れたのは、
とりの壁面装飾、カナエ・スチュアートです。


とりの壁面装飾

プロフィール
【名前】 カナエ・スチュアート
【種類】 とりの壁面装飾
【寸法】 縦 10.3 × 横 12.8 ㎝

  • おしゃべりが大好き
  • ケンとコズエと仲良しトリオ

わたくしにおまかせをー

カナエ、来てくれたのはありがたいけど、あなたに何ができるの?今回ばかりは難しいんじゃない?

カナエは、細い針金の器具の持つところに貼り付きます。一体どうするつもり?

ここにくっつきますよー

頭皮マッサージの壁面装飾

ひまりちゃんのお父さんがまた、頭皮のマッサージを始めます。ひまりちゃんはお父さんの頭の上を見ている様子。

あれ、泣いてない。

なるほど、頭をマッサージする器具は上下させて使うから、マッサージする度に、とりの壁面装飾が上下するのね。まるで、頭の上を飛んでいるかのように見える。

ひまりちゃんも大喜びです。カナエが上下する動きが楽しいんだね。お父さんは、テレビを見ながらマッサージ。同時にひまりちゃんと遊んでいることになってる。間一髪。お父さんも怒ることなく、ひまりちゃんも泣くこともなく、平和な夜になりました。

たまには一緒にお風呂入るか

テレビが終わって、お父さんがひまりちゃんをお風呂に誘います。やっと相手にされてとてもうれしそうなひまりちゃん。今夜は、とりの夢、そう広いお空をカナエと飛び回って遊ぶ夢でも見るのかしらね。

うまくいったよー

そうかなぁ。今回はイマイチだったけど、カナエ、次は期待してるよ!

子どもが疲れている時に、しつこく遊びたがることはないでしょうか。とくに細い針金のマッサージ器具で頭をマッサージしながらテレビを楽しみたい時、怒りたくなることもあるのではないでしょうか。そんなときは、壁面装飾を器具の持つ部分に付けると効果的です。マッサージの上下の動きに合わせて、壁面装飾も上下に動くのでそれを見てるだけで子どもは集中できます。

よい点

  • 子どもと遊びながら疲れを取ることができる。
  • 視線を動かさずに遊べるので、テレビを見ながら子どもと遊べる。
  • 一度貼り付ければマッサージ以外のときも部屋のインテリアとして使える。

わるい点

  • 壁面装飾の絵が前面になるように気をつけて使わないと、子どもの夢を壊しかねない。
  • とりの動きにしてはちょっと地味な動きではないかという意見もある。
  • やさしい子どもの場合、鳥に頭をつつかれるのではないかと、気が気ではなくなる。
  • 子どもが飽きないと、同じところのマッサージのやりすぎで、頭皮を傷つけることがあるかも。
    (子どもの機嫌が良いところで、次の遊びに切り替えるのが効果的です)

とりの壁面装飾は、壁に貼るのが一般的ですが、こんな使い方もできますよ。今回のヒーロー、カナエ・スチュアートはショップで販売しています。

kobitoのショップ

とりの壁面装飾、カナエ・スチュアートの旅はまだまだ続きます。次回はどんな壁面装飾が活躍するのか乞うご期待です。壁に貼るだけじゃない壁面装飾の使い方、皆さんのアイディア募集中です。

info@kobito-hekimen.com

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加